台風19号

2007年の開塾以来、初めて台風で休講にした。これまでも休講を考えたケースはあったが、偶然開塾日に当たっておらず判断を迫られることがなかった。東日本大震災のときは停電と断水があり、判断する余地がなかった。

今回の台風の進路は、仙台の視点で見ると海のほうへそれていくルートであり、様子を見て土曜日当日に早めに判断しようと思っていた。しかしニュースで「史上最大規模」であることが強調されていたことと、上陸が予想される時刻が塾開始後であったことから、金曜日の授業後に休講を決めて塾生に連絡した。


休講を決定したら、次は振り替えを考えなくてはならない。今回は月曜が祝日だったので、そこに入れることにした。土曜に台風が来て次の日曜にすぐ授業を入れるというのはリスクが高いし余分な負担をかける可能性もある。実際今日は浸水した物置の片づけをしたり、庭の畑にたまった泥をきれいにするのに忙しかった。

水の森教室の様子を見に行くついでに、周辺の道路を一通り見てきた。がけ崩れが起きているところや水がしみ出しているところを記憶しておいた。塾は何より塾生の安全第一で運営しなくてはならない。


参加ブログランキング
にほんブログ村 塾教育へ
人気ブログランキング 塾教育へ