今年の高校入試結果を振り返る

こちらは後期一本化の初めの世代となった。難化するだろうという予想は当たったと思う。今回は5教科をそろえることを重視し、苦手科目に多くの比重を置いた指導をした。特に国語と数学に不安があると、前半部の科目のため、全体に悪影響を及ぼしかねない。

大学受験と比べて、高校受験のほうが試行錯誤が続いている。特に上位層にとって、英語はある程度やれば安定してくるものの、繰り返しになるが国語や数学が不安要因のまま残るケースが多く、 この不安要因を最小化しておかなくてはならない。どちらの科目も、定期テストをしっかり取っていれば対応できるというものではない

今回、大学入試に続いての全員合格は逃した。ナンバーや泉館山は順当に通ったが、倍率の高い高校のチャレンジ受験で1人不合格が出た。また、点数開示から多くのことがわかった。8月頃に出る分析結果と突き合わせてみたい。

難関高校の入試対策は、今回の1本化によって一つはっきりと定まったことがある。今週から授業を再開する中1中2、特に中2には徹底していきたい。

参加ブログランキング
にほんブログ村 塾教育へ
人気ブログランキング 塾教育へ