今年の入試結果を振り返る(続き)


高校入試で一人不合格が出ていたが、本人の納得と決心が得られて、初の二次募集受験を経験した。

はっきり言って二次募集は読者の方々にすすめられるものではない。私立の合格を捨てて挑まなければならないからだ。願書を書いてもらいに学校の先生に相談しに行った時も、かなり強く止められたようだ。それでも今回は勝算があった。

今年の日程でいうと、3月16日に合格発表があり、そこで二次募集の内容(どの高校が何名募集するか、科目はなにか、面接はあるか)が発表される。水の森教室の退去を進める中、その生徒が二次募集を考えていたので、強く勧める方向で動いた。その分退去準備を遅らせる必要が出たが、コロナのことを考えてすべて1対1にして前日まで授業を入れ、3月23日の試験に備えた。結果は即日出る。無事合格していた。これで今期は中高生全員が国公立に進学することが決まった。

入試だけでなく、英検も含めて、最後まではらはらさせられる展開だったが、なんとか結果を残すことができた。今回のニ次募集の経験は特に重要だったので、進路指導に生かしていきたい。


参加ブログランキング
にほんブログ村 塾教育へ
人気ブログランキング 塾教育へ